車査定を受けるときは、必要とする書類、取

動かない車は買取もできないんじゃないかと思う

車査定を受けるときは、必要とする書類、取扱説明書、記録簿などを事前に準備だけでもしておけば好印象になり、査定額が上がることも想定されるので、しておいた方がよいでしょう。

反対に、故障したり事故などを起こした事を隠したり、嘘をついたりすると悪い印象を与えます。 Continue reading

自分に落ち度はなくても追突され、シャーシが歪ん

過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼

自分に落ち度はなくても追突され、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということで査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。 Continue reading

もう誰も乗ることがなくなってしまって、もうすでに車

名前を出さずに車の価値を知りたい場合は、相

もう誰も乗ることがなくなってしまって、もうすでに車検切れになっている中古車でも売却はできるのです。

売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。 Continue reading

特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう程度の軽い傷やへ

決算期で販売合戦の激しい3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月

特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり神経質になることはありません。例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや目でハッキリ分かるへこみがある場合、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、マイナス査定されるのを避けようとして個人で直したとしても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。 Continue reading

家族が増えて、今の車では不便に思うことが多くなってきまし

車を買取に出す上で、忘れてはならないのが印鑑証明

家族が増えて、今の車では不便に思うことが多くなってきました。

そこで車の買い換えをすることにしましたが、その時に、一つの会社だけに頼まず、複数の業者に査定をお願いして、その中から一社、最も高い査定額を出してくれた業者を選んで、車を売ることにしました。 Continue reading

中古カービュー車査定専門店が査定時に確認

年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車

中古カービュー車査定専門店が査定時に確認することは、おおまかに説明すると車の色や車種などの基本的な事項、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。 Continue reading